Wordpressでプロフィールを表示するプラグイン
top-bnr

WordPressでプロフィールを表示するプラグイン

   2015/08/04

WordPressでのブログ記事を複数のユーザーごとに投稿しているケースは比較的多いかと思います。

今回は投稿記事を書いたユーザ毎のプロフィールを表示する方法をご紹介したします。

導入するプラグインは「Fancier Author Box」です。

検索するとすぐに出てくるので、インストール後有効化します。

すると、各記事・固定ページの下部に下図のようなプロフィール欄が表示されました。

「この記事を書いた人」「最新の記事」の部分です。

今回は、投稿記事のみに表示したいので、固定ページ等には表示しないように設定します。

詳細設定は「Fancier Author Box」の設定画面から行います。

 

表示設定の「投稿画面で表示する」の部分を「下部」に設定し、 その他の項目は「なし」にしておきます。

またここでは、プロフィール欄のタブや背景色などの設定を行うことも出来ます。

今回はこの部分はデフォルトのまま進めます。

 

さて、プロフィール欄が表示できるようになったので、次は個々のユーザーのプロフィールの設定を行います。

WordPressの管理画面のユーザーの欄で「あなたのプロフィール」を選択できるようになっています。

こちらにプロフィールを入力していくのですが、プロフィール写真をアップロードするために、

もう一つプラグインを導入します。

「basic user avatars」です。

本来なら他のサイトで紹介されている「Simple Local Avatars」を入れたかったのですが、

環境の影響もあり、画像のアップロードの動作が出来なかったため、こちらのプラグインを導入しております。

こちらのプラグインをインストールすると、アバターと呼ばれる著者の写真を投稿できるようになります。

「basic user avatars」については特に設定は必要ありません。インストールするだけでOKです。

 

これでようやく準備完了です。

あとは、下記の欄に設定をしていきます。

まずは表示するユーザーの名称を設定します。

デフォルトだとWordPressのアカウント名が表示されており、セキュリティ上好ましくないので変更します。

Nick Nameの欄に任意の名称を入力して、一旦変更を確定します。

すると、Display Nameのセレクトボックスで、先ほどNickNameに入力した名称が選択できるようになっているので、

こちらを選択します。

 

説明文の欄はAbout YourSelfという見出しの中の Biographical Info欄に入力します。

改行は入力しても、表示される際には無視されるようなので注意が必要です。

 

最後にプロフィール写真ですが、 Avatarという見出しの中でUpload Avatarから任意の画像をアップロードします。

これで一通りの設定が完了しました。

これまでに既に書いた記事にも反映されます。

ただ、全てのユーザーの投稿でプロフィール欄が表示されてしまうので、

特定のユーザーの場合に表示しないようにするためにはプラグインのカスタマイズが必要になりそうです。

The following two tabs change content below.
リアルマックス スタッフ
bottom-bnr
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る