XAMPPがPHP7に対応してました!

   2016/01/27

XAMPP

XAMPP(ザンプ)ってなに??

WEBサイトの作成や、WEBアプリケーションの開発など行うには、さまざまなソフトを使って環境を作成しなくてはいけません。

例えばHTMLやCSSを使ってページを表示するには、代表的なソフトとしてapacheを使います。

またプログラミングを行うためには、プラスしてPHPやPerlといった言語が動くようソフトをインストールして設定してあげる必要があります。


XAMPPをインストールすれば、代表的な機能をまとめてありますので、気軽にWEBサーバーの環境を作ることができます。

XAMPPの公式サイトはこちら


XAMPP PHP7

PHP7バージョンは、7.0.1 / PHP 7.0.1と書かれているバージョンをダウンロードしてください。


XAMPP(ザンプ)のインストール

特に迷うことは無いかと思います。


下記の画面で、必要な機能を選択することができます。

不明な場合は、とりあえずそのまま進みましょう。

xammp01

インストール先を選択します。

今回は、旧バージョンをインストールしていたHドライブで、フォルダ名を多少変更して進みました。

xammp02

インストールが完了したらコントロールパネルを表示して、ApacheをStratしてください。

xammp05

IEなどのブラウザを立ち上げて、「http://localhost/」とURL欄に入力してください。

下のような画面が表示されれば、インストール完了です。

xammp03

HTMLなどはどこに置けばいいのか?

XAMPPをインストールしたフォルダ内のhtdocsフォルダが、htmlなどを置いておき表示する場所になります。

xammp04

XAMPPでWEBサーバーを作って、何がメリットなのか?

実際にインターネット上で公開されているページを直接編集するより、一度ローカルパソコンで確認することでミスを防ぐことができます。

またXAMPPには過去バージョンなども存在していて、今インターネット上で公開している環境と同等のものも手軽に作成することができます。


まとめ

これまで仕事柄、いろいろな企業様へ訪問することがありましたが、意外とテストを行う環境を作成されているところが少なかったように感じました。

XAMPPを活用することで、手軽にテスト環境を各パソコンに作成できます。

無料のソフトですので、ご利用してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
上岡 直樹
上岡 直樹
2000年、26才名古屋のシステム会社へ入社 そこから必至にプログラミング知識を身に着け 2007年リアルマックス入社後4年間で、複数モール受注管理 商品データ管理、物流管理など、全ての社内システムを構築。 現在は部署のリーダーとして、チーム力を発揮できるよう指導しながら 同じ悩みを持つ企業様向けの商品、サービスの開発を行っている。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る