FutureShop CSVのFTPアップロード

   2015/08/04

FutureShopでもYahooショッピング・楽天と同様に
CSVファイルによる商品一括編集が可能です。

※但しFTPアップロードを利用する場合、契約書を交わす必要があります。

マニュアルはコチラコチラになります。

 

なんだかファイル数が多くて大変そうだなぁと、思われるかもしれません。

よく利用するファイルを順に説明してきましょう。

ファイル名 備考
商品一括登録用データ
商品説明用データです。商品の価格、商品説明のHTMLなどを管理します。
在庫数登録用データ
商品データのうち商品の在庫情報のみを更新する場合はこちらのファイルを利用します。
価格登録用ファイル
商品データのうち商品の価格のみ更新する場合はこちらのファイルを利用します。
商品画像登録用
商品データと実際に表示する商品画像とのファイル名の紐付けを管理するファイルです。
項目選択肢登録用ファイル
商品の項目選択肢(在庫管理しないもの)の情報を一括登録する場合利用します。
バリエーション登録用ファイル
商品のバリエーション情報(在庫管理する縦横のラジオボタン形式)の情報を一括登録する場合利用します。
グループひもづけ用ファイル
商品のサブグループを一括登録する場合に利用します。(メイングループは商品データに登録します)
Googleデータフィード登録用ファイル
Googleショッピング連携用の商品データを作成する場合に利用します。

 

 

そのほかいろいろありますが、良く使うのは上記のファイルになります。

特に、商品一括登録用データと、項目選択肢登録用ファイル、
項目選択肢登録用ファイル、商品画像ファイルはほぼ必須です。

 

これらのファイルは、個々で編集をして管理画面からファイルを取り込みを行うことで
一括反映が可能ですが、FTPによるアップロードにも対応しています。

 

ここで注意点があります。

FTPでアップロードする場合はファイルによって、
ファイル名が決められている点です。

商品一括登録 goods
在庫数登録 goodsStock
価格登録 goodsPrice
商品画像登録 goodsImage
項目選択肢登録 goodsSelection
バリエーション登録 goodsVariation
オプション価格(基本)登録 goodsOptionPriceBasic
オプション価格(選択肢)登録 goodsOptionPriceSelection
グループひもづけ category
商品追加画像登録 goodsAdditionalImage
Google データフィード登録 goodsGoogleDataFeed
商品タグ登録 goodsTag
予約設定登録 goodsPreorder
予約在庫数(バリエーション登録) goodsPreorderVariation
予定在庫設定登録 goodsPlanStock
予定在庫数(バリエーション登録) goodsPlanStockVariation
商品グループ一括登録 group 商品グループ画像登録 groupImage

FTPアップロードの場合は、アップロードした順番に読み込まれるわけではなく、
読み込みやすいものから順に読み込まれるようです。

そうなると、商品が読み込まれていないのに、項目選択肢が読み込まれて
そんな商品ないですよっていうエラーが頻発したりします。

 

ファイルを読み込む順を指定するには、順番に反映予約でも出来ればなあと思ったところ
なんと出来ていしまいました。

 

それは…Yahooショッピング編でもご紹介しましたが、
タイムスタンプを付与することです。

 

例えば、商品一括登録なら
goods_20141118125500.csvのような形式です。

 

Yahooショッピングのときにもご紹介しましたが、
特定の時間に価格が変更されるようなファイルを作成しておいて
時短タイムセールなんてことも出来ます。

 

FutureShopのCSVは楽天の商品の項目数の多さと、
Yahooの手軽さのちょうど間を取ったようなところでしょうか。

 

ただ、やはり商品一括登録の項目数が多すぎて複雑なので
次回からはそれぞれの項目や商品画像についてご紹介できればと思います。

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る