ECサイト構築システムおすすめページ
top-bnr

持家タイプ

   2018/07/18

ホスティングサーバーを契約、または自社でサーバーを運営し、ECサイト構築システムを利用する。

ECサイト構築システムには、オープンソースで優秀なシステムが多数存在します。

メリットとデメリットとしては、下記が考えられると思います。


メリット

自社専用のシステムになりますので、自社に合ったカスタマイズができる。

また使用料などが発生しないため、ローコストで運用できる。


デメリット

開発者、サーバー管理者がいない場合、外部協力会社に頼らざるを得ず

また初期導入コストが割高になる。




下記は代表的な、ECサイト構築システムになります。




magento

本家 http://magento.com/

世界で最も利用されているECサイト構築システム。

多言語に対応し、世界中で利用されていることから

拡張機能などが日々開発されいます。

日本のマーケットに対しての管理機能が若干弱いところがデメリット。




eccube

本家 http://www.ec-cube.net/

日本初のECサイト構築システム。

数多くの制作会社が存在し、ノウハウを持った企業が多い

また書籍など情報が豊富なことがメリットかと思います。




zencart

本家 http://zen-cart.jp/

osCommerceから派生したシステム。

海外発のシステムですので、複数の言語に対応していることがメリットですが

EC-CUBEとは異なり、制作会社が少ないことがデメリット。




oscommerce

本家 http://www.oscommerce.com/

日本語コミュニティ http://www.bitscope.co.jp/tep/

海外発のECサイト構築システム。

日本語にも対応し、多言語、多通貨サイトを運営する場合に適しているが

日本には制作会社が少ないことがデメリット




prestashop

本家 http://www.prestashop.com/

海外発のECサイト構築システム。

多言語、多通貨に対応しており海外向けサイト構築に最適かと思います。

また他のオープンソースと比べ、最新の技術が使われていており

現在も多くの拡張機能が日々開発されています。


bottom-bnr
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
次の記事
賃貸タイプ

賃貸タイプ