ウェブ解析の「ユーザー」は何をカウントしているのか?
top-bnr

ウェブ解析の「ユーザー」は何をカウントしているのか?

 

Google Analytics用語解説

ウェブサイトを解析するツールは色々ありますが、一番有名なのはGoogleが提供しているGoogleアナリティクスだと思います。無料で使えるため、利用されている方も検討されている方も多いのではないでしょうか?

でも、実際に使ってみると「見慣れない用語や単語がたくさん出てきて難しい!」と感じた方、いらっしゃいませんか?

これから数回に分けて、ウェブサイトを分析する際によく出てくる単語、紛らわしい用語について図と具体例を用いながら解説していきたいと思います。また、Googleアナリティクスのどこで確認できるかについても、あわせてご紹介したいと思います。

第1回目は、ユーザーについてです。

ユーザー

アナリティクスのウェブ解析データにおけるユーザーとは、Cookieによって判別された「ユニークなブラウザ」の数となります。

ユーザーの確認方法

Googleアナリティクスのレフトナビの[ユーザー]内にある[サマリー]をクリックすると、ユーザーに関する情報がレポート形式で表示されます。

Google Analyticsのユーザー確認画面

ユーザーの数え方

同じ人がパソコンとスマートフォンから閲覧した場合

同じ人がパソコンとスマートフォンから閲覧

Aさんがパソコンとスマートフォンから同じウェブサイトを閲覧した場合。パソコンとスマートフォンでそれぞれ別のブラウザで閲覧しているため、見ている人は同じでも分析上は2ユーザーとして計上されます。

同じ人が同じパソコンから別のブラウザで閲覧した場合

同じ人が同じパソコンから別のブラウザで閲覧

Aさんがパソコンから別々のブラウザで同じウェブサイトを閲覧した場合。それぞれのブラウザで1ユーザーとしてカウントされるため、この場合も2ユーザーとして計上されます。

同じパソコンから別の人が閲覧した場合

同じパソコンから別の人が閲覧

会社や自宅等で共用で利用しているパソコンから、同じブラウザで同じサイトを閲覧した場合。閲覧している人は異なりますが、同じブラウザを利用しているということで分析上は1ユーザーとして計上されます。

新規ユーザーとリピーターの違い

新規ユーザー
Cookieの有効期限(初期値は2年)以内に、サイトを訪問した事のないユーザー
リピーター
Cookieの有効期限(初期値は2年)以内に、サイトを訪問した事があるユーザー

新規ユーザーとリピーターには、上記のような違いがあります。

新規ユーザーとリピーターの確認方法

Googleアナリティクスのレフトナビの[ユーザー]の中にある[行動]配下の[新規とリピーター]で確認することができます。

Googleアナリティクスの新規ユーザーとリピーター確認画面

画面上のユーザータイプに[New Visitor]と表記されているデータが新規ユーザー。[Returning Visitor]と表記されているデータがリピーターのデータになります。

新規ユーザーとリピーターの数え方

Aさんが最後に訪問してから3ヶ月後に同じブラウザで同じウェブサイトを訪問

再訪問によるユーザータイプの変化

Cookieの有効期限内のため、リピーターとして1カウントされます。

Aさんが最後に訪問してから3ヶ月後に同じブラウザのCookieを削除してから同じウェブサイトを訪問

Cookie削除によるユーザータイプの変化

Cookieが削除されているためウェブサイトへの訪問記録のデータもなくなり、新規ユーザーとして1カウントされます。

まとめ

実店舗であれば、Aさんが初めて来店した際に新規ユーザー。会員登録を行っており、そのデータが残っていれば何年たっても来店があればリピーターとして計上できます。

記憶力のよい方であれば、見ただけで新規かリピーターか判断できる方もいらっしゃると思います。

しかしウェブの世界では、画面の向こう側にAさんがいるかどうかを判断することは、今の技術ではまだできません。そのため、Aさんを判断する材料としてCookieを利用して計測を行っています。

ウェブ解析でのユーザーとは、Cookieによって判別された「ユニークなブラウザ」の数であること。そのため、同じAさんでも、異なるブラウザ、端末からサイトを訪問すると別人としてカウントされるのです。

bottom-bnr
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る