お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

SEOスターターガイド 画像の利用を最適化しよう

 

alt属性の説明用イメージ

alt属性で画像に関する情報を提供する

ホームページやブログで見栄えのよいページとするために画像を利用することは多いかと思います。今回は、SEO対策としての画像の利用の最適化策について説明いたします。

 

alt属性とは?

alt属性とは、は何らかの理由によって画像が表示されないときに、代わりのテキストを示してくれるものです。また、画像をリンクとして利用する際には、alt属性が前回の記事で説明しましたリンクに対するアンカーテキストの代わりとなり、画像に関する情報をGoogleに伝える役割を果たしてくれます。

ブログ記事を書いて、画像を挿入される際に、この「alt属性」を記載することなく、そのままにしていることも多いかと思いますので、出来るだけalt属性に画像に関する情報を記載するようにしましょう。例えば、ブログに自社の商品の画像を載せる場合は商品名を記載すると良いですし、会社のロゴの写真には会社名を記載すると良いでしょう。

 

画像はできるだけひとまとまりにする

画像のファイルは、複数のディレクトリやサブディレクトリに分散して保管せず、一つの場所にまとめることが出来ないか検討してください。ホームページを閲覧するユーザの目には見えない部分ですが、こうすることで、ホームページの画像の管理がしやすくなりますし、Googleが画像の保管されている場所を理解しやすくなります。何度もお伝えしておりますが、Googleが理解しやすいサイトが評価が高くなる傾向がありますので、意識してみてください。

 

ポイント

簡潔なファイル名とalt属性にする

  • 画像のファイル名には、image1.jpg,無題.png,1.gifのような一般的なファイル名を記載しない。ファイル名だけでどんな画像か判別できればベストです。
  • 極端に長いファイル名をつけないこと。
  • alt属性にキーワードを詰め込みすぎたり、文書全てをコピー&ペーストしないこと。
  • 画像をリンクとして利用する場合には、alt属性をできるだけ記載する

まとめ

画像にalt属性を記載したり、わかりやすいファイル名にすることで、画像の情報をGoogleに伝えることが出来ます。ユーザの目には見えない部分ですが、Googleが理解しやすくなりますので、意識してみてください。

The following two tabs change content below.
リアルマックス スタッフ
リアルマックス スタッフ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る