お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

SEOスターターガイド ナビゲーションをわかりやすくしよう

 

SEO Navigation

ナビゲーションの設定

今回も前回に引き続き、検索エンジン最適化スターターガイドの内容を元に、効果的な対策についてご紹介いたします。今回は、サイトのナビゲーションについてです。ナビゲーションとは、サイト上で、ユーザーがそのサイト内のコンテンツに対して適切に分かりやすくアクセスできる仕組み全般のことを指します。例えば、画面の上のほうにある共通ヘッダーメニューや、画面下のほうにある共通フッターメニューもナビゲーションですし、ブログの場合のカテゴリ設定などもナビゲーションの一部です。

スターターガイドによると、サイトのナビゲーションは、ユーザーが目的のコンテンツたどり着きやすくなるだけでなく、検索エンジン(Google)もナビゲーションを検索順位を決める上で重要視しているようです。下記は引用になります。

検索エンジンに とっても、ウェブマスターがどのコンテンツを重要と考えているのかを理解するのに役立ちます。Googleの検索結果はページ単位で提供されますが、サイト全体という大きな視点から、そのページがどのような役割を果たしているのかについても、Googleは理解したいと考えています。

これはどういうことかというと、ユーザーが目的のコンテンツにたどりつきにくいサイトは「ユーザーを適切に案内できていない」とみなされてしまいます。いくら有用なコンテンツが沢山書いてあるサイトでも、どこに何があるかわからないサイトは不親切なサイトだと検索エンジンに評価されてしまいますので、ユーザーにとっても検索エンジンにとってもわかりやすい構造を目指す必要があります。例えば、ヘッダーメニューやフッタメニューがページによって統一されていないような場合は、統一するように見直して見ましょう。

パンくずリストを利用する

パンくずリストとは、ページの上部か下部にある内部リンクを階層を1列に並べたものです。これを使えば、ユーザーは1つ前の階層のページや、トップページに素早く戻ることができますので、利便性が向上します。

パンくずリスト

ポイント

自然な階層構造にする

ページのコンテンツを細分化するとわかりやすくなりますが、あまり細かすぎるとかえって目的のコンテンツにたどり着きづらくなってしまいます。

ナビゲーションはなるべく文字にする

ヘッダーやフッターのメニューはなるべく画像ではなく文字にすると、検索エンジンが巡回しやすく、理解しやすいサイトになります。

まとめ

今回は、サイトのナビゲーションについての記事のご紹介でした。人間の目で見てわかりやすい、移動しやすいサイトというのは検索エンジン(Google)からみてもわかりやすいサイトと評価される傾向があるので、意識してみてください。

The following two tabs change content below.
リアルマックス スタッフ
リアルマックス スタッフ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る