お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

間違えてページを消してしまった!そんな時使えるサービス

   2015/08/21

間違えてページを消した!

誰でも1度は行う、ページの修正ミスを取り戻す2つの方法

誰でも1度はブログやホームページを作成していて間違った修正や、ページそのものを削除してしまった事はあると思います。

本来なら、管理するツールを使って自動でバックアップをとっておき、復元するなど行うべきです。

またバックアップを取って置き作業を行うことも必要ですが、やってから気付くこともあります。

 

そんなとき、「藁にも縋る思い」で試してほしいことがあります。

 

Googleのcashe(キャッシュ)コマンドを使う

googleにはキャッシュと呼ばれる、現在のホームページの1世代前の情報を確認できるコマンドがあります。

試しに無料アンケートのスカイレポートアビィのページについて、キャッシュを表示してみました。

 

下の画像は、2015年8月21日現在のページの一部になります。

現在の無料WEBアンケートページ

このページの以前の状態を表示するには、「cashe: + URL」で表示することができます。

 

実際にこのコマンドを使って、表示した結果が下の画像になります。

過去の無料WEBアンケートページ

上部に、いつ保存されたホームページの情報なのか表示されています。

また具体的に、赤い枠で囲んだ部分が、現在のページとは異なる文章になっているかと思います。

 

すぐにミスに気が付いた場合は、Googleのキャッシュを確認してみて復元することも可能かと思います。

 

他の保存サービスを確認してみる

WEBページのキャッシュ

Wayback Machineというサイトは、世界中のホームページを保存しているサービスになります。

 

ここでも試しに検索を行ってみました。

リアルマックスHPのキャッシュ

このサイトのドメインで検索した結果です。

2013年6月9日が一番古い保存データで、各年度で複数回保存されていることがわかります。

こちらのサイトで、ミスから削除してしまったページを探してみることで、もしかしたら!保存されていて復元できるかもしれません。

 

まとめ

本来ならミスが起こらないのが良いですし、リカバリできる仕組みを準備しておくことも必要です。

ですがバックアップが壊れていた!うまく動作していなかった!など、予期せぬトラブルもあります。

これらのサービスはもちろん無料ですし、すぐに探すこともできると思いますので、諦めず一度確認してみることをお勧めします。

The following two tabs change content below.
リアルマックス スタッフ
リアルマックス スタッフ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る