お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

ホームページやブログのアクセスを伸ばすには? 8回目

   2015/08/04

ニーズ

検索ニーズを知る

ブログなどでアクセスを集めるためには、まず記事を書くことが必要です。

集客したい!アクセスアップしたい!と思っていても、良いコンテンツが書けなければ意味がありません。

まず記事を書けるようになり、余裕が持てるようになってから検索ニーズに合った記事を考えても遅くないと思います。

10人検索する内容のコンテンツを作るより、よりニーズが高い100人、200人検索されるコンテンツが、よりアクセスも上がり集客に繋げることができます。

 

どうやって検索ニーズを知るのか?

Google AdWords キーワード プランナーを使うのが、基本になります。

こちらもGoogleアカウントがあれば、無料で利用することができます。

google_adwords

 

 

ログインをすると、以下の画面が表示されるかと思います。

この中の、赤い枠の『検索ボリュームと傾向を取得』をクリックします。

キーワードプランナー

 

 

クリックすると、キーワードを入力する部分が表示されますので、調べたいキーワードを入力します。

ここでは、「ホームページ」「ブログ」「アクセス」「集客」と改行区切りで入力してみました。

キーワードプランナー

入力したら、下の『検索ボリュームを取得』ボタンをクリックします。

 

 

 

すると各キーワード別に月間の検索ボリュームが表示されます。

検索ボリューム

検索ボリュームとは、インターネットを利用する検索ユーザーが、どのようなキーワードで検索しているか?の目安になります。

ですので、ここで表示さてている検索ボリューム数が、言い換えれば検索ニーズの指標にすることができます。

 

 

また左上部にある検索ボリュームの傾向と表示されている部分ですが、下記画像のように切り替えられるメニューが用意されています。

キーワードプランナー切り替え

 

 

違う面から検索ボリュームを見ることができますので、有効につかえれば具体的なSEO対策に活かせるかと思います。

例えば、『モバイルの動向』を選択した場合です。

モバイルの動向

このグラフを見ると、半数以上がモバイル検索ユーザーなことがわかります。

調査した検索キーワードのモバイル検索ユーザーが多い場合は、モバイルフレンドリー対策、スマホ対策が必要だと判断できます。

 

関連したキーワードについて調べるには?

キーワードプランナーの中の、『フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索』を利用します。

フレーズ、関連ワード調査

 

 

ここでも、「ホームページ」「ブログ」「アクセス」「集客」で調べてみました。

ランディングページには、対象サイトのURLを設定します。

ここでは『集客するホームページ提案サイト』・・・要するに弊社のこのサイトのURLを設定してみました。

商品カテゴリも設定できますので、ここでは「ブログ作成サービス」としてみました。

関連キーワード

入力が完了したら、『候補を取得』ボタンをクリックします。

 

 

関連キーワード候補

このように、調べたいキーワードに関連するキーワードが、グラフの下部にリストとして表示されます。

またそれぞれの月間平均検索ボリュームも確認することができます。

 

これらの関連キーワードで、検索ボリュームが高いキーワードは、検索ニーズが高いと言えるかと思います。

 

まとめ

いろいろと調べた上で、改めてブログ記事の内容を見直してみたり、追加で関連するキーワードのコンテンツを書いてみたりすることが、『少しづつ検索ユーザーのニーズに応える』=『質の高いコンテンツ』に繋がるかと思います。

まずはニーズを調べて、それに応えられるページの作成が、結果としてインターネットでの集客やホームページのアクセスアップにつながるかと思います。

The following two tabs change content below.
リアルマックス スタッフ
リアルマックス スタッフ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る