お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

ホームページやブログのアクセスを伸ばすには? 7回目

   2015/08/04

bing

今までGoogle中心で進めてきましたが、意外と知られていないマイクロソフトの検索エンジン「bing」についてまとめます。

マイクロソフト社製 検索エンジンBingはこちら

あまり馴染みが無い人も多いと思いますが、日本における検索エンジンシェアで言えば第3位(5%前後)の検索エンジンです。

YahooとGoogleで90%のシェアを占めているのを考えると、5%前後でも少なからず影響があるかと思います。


Bingにもウェブマスターツールが存在する!?

実はBingにも、Google Search Consoleと同じような機能を無料で利用できるBing Webマスターツールがあります。

Bing Webマスターツール

上記でログインをすると、登録してあるサイトの一覧が表示されます。

弊社で作成させていただいたホームページがリストにあるので、一部モザイク処理をかけさせていただきました。

bingサイト一覧

この中から、このサイトでもある『集客するホームページ提案サイト リアルマックス』の設定を開いてみます。

下の画像が、2015年6月の実績になります。

bingサイト詳細

Google Search Consoleに負けないくらい、様々なメニュー機能が使えるのですが、まだBingウェブマスターツールを知らない方にまず行ってほしいことがあります。

それは、bingウェブマスターツールへのサイトの登録と、サイトマップの登録です。

Googleでも取り上げましたが、サイトマップという自分が作ったページ情報を送信しないと検索結果に中々表示されない。

見つけてもらうのを待っているのでは、見つけてもらうまでの時間が無駄になります。

bingウェブマスターにサイトを登録

bingサイト登録

1.上の画像の枠で囲っている部分に、登録したいサイトのURLを入力します。

2.次にサイトマップのURLなど、簡単な入力がありますので、こちらも登録していきます。

3.最後にサイトの所有者かを確認するためのチェックがあります。

4.所有者かどうかを確認する方法は、3つありますので、簡単なものを選ぶと良いかと思います。


Bingウェブマスターツールのまとめ

わずか5%の検索ユーザー人口だとしても、無料でもありますので登録すべきだと思います。

今回は取り上げませんでしたが、「レポート&データ」のSEOレポートなどは、前回のGoogle Search Console記事と同じく、改善個所を詳細に知ることができます。

比較的bingのSEO対策が短期間で効果がある印象がありますので、bingのSEO対策から行うのも良いかと思います。

The following two tabs change content below.
リアルマックス スタッフ
リアルマックス スタッフ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る