お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

ホームページやブログのアクセスを伸ばすには? 第5回

   2015/08/04

Google Bot img

前回文章の作成方法についてまとめました。

よりSEO対策を行い、検索結果で上位に表示されるためには、Googleの事を少し知ることが近道かと思います。

 

Googleは、どうやって検索結果を表示しているのか?

ページ情報の収集方法

GoogleはスパイダーというプログラムでWEBサイトのリンクを辿って、ページを収集してます。

bot(ボット)とも呼ばれるプログラムで、Google以外でも同じようなプログラムを使ってサイトのページ情報を収集しています。

 

ここからもわかるように、いろいろなサイトにリンクが設置してある場合、スパイダーに比較的早くページを見つけてもらえる可能性が高くなります。

 

ですが開始したばかりのホームページだと、当然他のサイトにリンクが設置されていないと思います。

何も行わないと、長い場合で4週間以上検索結果に表示されない場合もあるようです。

このような場合でも、検索結果に早く表示する方法としてGoogle Search Consoleを利用する方法があります。

GoogleSearchConsole

Googleのアカウントがあれば、誰でも無料で利用できるサービスです。

設定方法などは多少複雑なので、次回取り上げられればと思います。

 

無料のブログしか持っていないと言われる方でも、検索結果に表示されていない場合行えることがあります。

まだテスト段階ではありますが、簡単に利用できるGoogleブログ検索のサービスがあります。

Google Blog Search

ここにブログのURLを入力して『ブログを送信』ボタンをクリックするだけですので、ぜひやってみてください。

 

検索したキーワードに対して、表示するページはどう決めているか?

Googleのスパイダー(ボット)が集めてきたWEBサイトのページ情報は、データーベースに保存されています。

このデーターベースを入力されたキーワードで検索して、該当したホームページを検索結果として表示しています。

ですので、まずGoogleのスパイダーに見つけてもらい、データーベースに登録してもらう必要があります。

 

表示するページの順位は、どのように決められている?

年々検査項目が増えているように感じますが、200項目以上の審査基準があるようです。

Googleからアナウンスがある審査基準の一部としては以下の審査があります。

  • キーワードが何回ページに含まれているか?
  • タイトルにキーワードが含まれているか?
  • URLにキーワードが含まれるか?
  • キーワード同士が隣接しているか?
  • キーワードの類義語が含まれるか?
  • ウェブサイトの品質は高いか?


注意事項として、例えば『キーワードが何回ページに含まれているか?』などは、明確な基準がアナウンスされていません。

過剰にキーワードとなる単語を入れると、不自然なコンテンツとしてペナルティを受ける場合があります。


またウェブサイトの品質については、Googleの基準の中にページランクというものがあります。

これは外部の優良なWEBサイトからどれくらい多くのリンクが、自身のホームページにリンクされているか?などが基準になっています。

簡単に自身のウェブサイトの品質を確認できる方法として長年愛用されてきたページランク機能ですが、将来的にはページランクの更新を行わないかもしれないとアナウンスがありました。


決定事項では無いのですがリンクを増やすことに集中するよりは、Googleのミッションや近年の検索評価基準の変更からも、より良いコンテンツを作成していくことが近道だと思われます。


まとめ

今回取り上げた内容については、こちらの動画から確認することが可能です。

調べてみるとGoogleから明確な検索評価基準は公表されていませんが、ヒントとなる情報は多く見受けられます。

特にGoogle公式のブログやヘルプについては、一度目を通しておくとページ作成のヒントが得られるかもしれません。

The following two tabs change content below.
リアルマックス スタッフ
リアルマックス スタッフ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る