お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

ホームページやブログのアクセスを伸ばすには? 番外 WordPress編

   2015/08/04

ワードプレス

前回の記事で、ページに画像を配置する場合に

SEO的に意識すべきポイントをまとめましたが、今回はワードプレスで

画像を配置する場合に置き換えて、解説してみます。


1.ファイル名を適切な名前にする。

これは昨年、大阪にあるフューチャーショップ様に訪問させていただいたときの写真です。

私が使っているスマートフォンは、アンドロイドなのですが

写真を撮影すると、DSC_0141.jpgというファイル名になっていました。

wordpress-imgup01


フューチャーショップ様のサイト

これをブログ記事内に設置する場合は、まずファイル名を「futureshop.jpg」などに変更します。

ファイル名を変更することで、記事内で利用するときも関連性の高い画像として認識されます。


2.画像(写真)をワードプレスにアップロードする。


ワードプレス画像アップロード

WordPress(ワードプレス)への画像アップロードは、画像のようにメディアの新規追加から行うことで

簡単にアップロードすることができます。


3.ワードプレスで画像の大きさを変更する。



ワードプレス画像編集その1

まず上にあるように、メディアのライブラリーを開き、編集したいファイルをクリックします。



ワードプレス画像編集その2

表示された画像情報ウィンドウの中から、左下にある『画像を編集』のボタンをクリックします。


ワードプレス画像編集その3

ここの『縮尺変更』の部分を見ていただくと、何も加工していない場合は横3840×縦2160で
サイズとしては、2M近くの大きさになります。

スマホで2M程度のアプリをダウンロードする場合でも、回線速度に影響されますが
1~2秒掛るかと思います。

このサイズの画像が複数ページ内にあると、それだけ表示(ダウンロード)するまでに
かなりの時間が必要になりますので、評価として悪影響があります。

パソコンの画面でページを見る場合でも、一般的に横幅1300程度ですので3800も必要ありません。

画像を販売しているサイトでもない限り、そこまで大きな画像を掲載する必要は無いと思いますので
横幅で言うと600~700程度で問題無いかと思います。


4.ワードプレスで画像の文章を設定する。


可能ならば、下の画像のように全て設定しましょう。

ワードプレス画像文章設定

全てを記入するのが面倒な場合でも、代替テキストのみでも問題ありませんので何の画像なのか?を設定します。

但し記事内に画像を設置する場合、キャプションについては画像の下に通常の文章と同じく表示されますので、違和感を感じる場合はキャプション以外を設定してください。


これを設定することで、通信速度が遅くて画像が読み込めない場合に画像の替わりに表示される文章であったり、目の不自由な方のための読み取りソフトなどで、設定された文章が読まれます。

画像として映り込んでいる文章は、今はまだ検索対象になっていませんが、画像に設定した文章については検索対象ですので是非設定してください。


検索を意識しすぎて長い不自然な文章では逆効果になりますので、簡潔に画像を表す文章を設定するように意識してください。


まとめ


まとめて見ると、いろいろな注意事項があり面倒に思えるかもしれませんが、一つ一つは単純な設定です。

面倒に思わず、少しの設定が後あとアクセス数アップにもつながりますので、後でまとめて数百か所の修正となる前に行っていきましょう。

The following two tabs change content below.
リアルマックス スタッフ
リアルマックス スタッフ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る