お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

ホームページやブログのアクセスを伸ばすには? 第3回

   2015/08/04

ページに画像を配置する

前回の文章校正のポイントはこちら

今回から、ホームページのコンテンツ(ページ)を作成するときに

行いたい設定などを解説していきます。


WEBページでの画像の設置についてのポイント

文章については、みなさん意識して書く方が多いと思いますが

実は画像についても、ベストな設置方法があります。


Googleにもポイントとなるページがありますので

参考にしながらHTMLの作成を行うと良いかと思います。

Googleウェブマスター改め、Googleサーチコンソール

1.画像の大きさ、ファイルのサイズを小さくする

スマートフォンのカメラ性能が高くなっている近年、

弊社のお客様でホームページのご相談に来られる方のサイトでも

よく見られるのですが、かなり大きいサイズの画像を

そのままコンテンツ内の画像にされている場合があります。


ページを表示する速度も、評価の対象になりますし

訪れたユーザーから見ても、無駄に大きい画像ですと

ページが表示されるまでに、5秒以上かかってしまう場合があり

良い印象は受けないかと思います。


なるべく表示するサイズに縮小した必要最低限の大きさの画像にすべきです。


2.画像の名前を正しく設定する

これもスマートフォンが普及した影響かと思いますが、

デジカメやスマホで写真撮影を行うと、連番でIMG02015.JPGのようなファイルが作成されます。

これでは、何の画像ファイルか、分かりにくいと思いますし

Googleの検索においても、ファイル名が含まれますので

何の画像なのか?分かるようよう設定してください。


3.画像に代替テキストを設定する

htmlで説明すると、imgタグの中にalt属性があります。

これは画像が読み込まれなかった場合に、文章として表示されたり

目が不自由な方に音声として読み上げたりするためにあります。

ここも検索対象となりますので、正しく画像の意味を簡潔に設定するようにしてください。


4.画像の周りに、画像の内容となる文章を記述する

文章中に画像を配置していれば、特に意識しなくても大丈夫かと思いますが

画像の前後の文章も、画像に関連性の強い文章として認識されます。

正しく認識されるように、ただ闇雲に画像を配置するのではなく

流れとして意味があるように、配置してください。


まとめ

いろいろと細かい部分に気を遣わなくてはならないように感じますが

結果として『どのユーザーが来ても、見る価値があるページ』が

検索エンジンにも評価され、自然検索で上位に表示されます。

一つ一つのことは、簡単なことですので

まず思い出したところから行ってみると良いかと思います。

The following two tabs change content below.
リアルマックス スタッフ
リアルマックス スタッフ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る