スティックPCを実際にセッティングしてみました。
top-bnr

スティックPCを実際にセッティングしてみました。

   2016/09/22

スティックPC

スティックPCを実際にセッティングしてみました。

以前、バーチャルマウスの記事を書かせていただきました。
実際にパソコンショップに行ってみよう!
実際にPCショップに行ってきましたので色々と購入して作ってみました。
スティックPC以外にも薄型キーボードやバーチャルマウスやUSB増設用のドッキングステーションも購入しました。
本体だけだと、10000円を切る価格で購入出来ます。
発売時期やブランドでも値段は違いますが、おおむね体感スペックに大差はないようです。

実際に物を見てみます。

IMG_2252

本体のみです。おおむね、9000-20000円程度で手に入ります。私は税抜き9000円程度でゲットしました。

次は分解した写真など、色々掲載してみます。

IMG_2251 IMG_2254 IMG_2255 IMG_2257 IMG_2258

実際に組み立ててみました。

実際に組み立ててみるとこんな感じになります。
ディスプレイはHDMIのコネクタなら何でもOKです。

IMG_2261 IMG_2265

まとめ

スティックPCの用途は主に2種類だと思います。サーバとして使用する。
コンパクトなPCとして使用する。
タブレットやノートパソコンを使えばいいと思われ方もいらっしゃるかもしれませんが、
スティックPCは別の新しいジャンルのデバイスだと思っていただくのがよいかもしれません。
旅行先の大画面テレビなどをディスプレイにしたりも出来ます。
部品USBを使って自由度が高くつけたり、外したり出来るのも大きな特徴です。
そしてスティックPCの能力を最大限に引き出してくれるのが、チームビューアです。

IMG_2266

詳しくはこちらの記事を参考にしてくださいね。
iPhoneでパソコンを操作してみる。チームビューワ編

チームビューワを使うことによって、スティックPCをサーバとして使っても
移動用のクライアントとして使っても
とても、使えるデバイスに変身させてくれます。

bottom-bnr
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る