ネットショップの物流について
top-bnr

ネットショップの物流について

   2015/08/04

ネットショップを運営する上で物流は切っても切り離せません

運送会社の選定から、梱包資材の調達など

最近はショッピングモールでも全て手配可能ですが

まずは自分で探して、交渉する事をオススメします。

弊社でも物流会社さんは、大手2社さんを配送地域や商品

もしくは支払い方法などで使い分けをしていた事もあります。

全て料金が発生するので、少しでも安い所を探しますが

いくら丁寧な顧客対応をしても、「期日に届かない」「商品が破損した」

など物流会社のミスの場合でも、お客様は購入店への不信感も持たれます。

コスト面から物流会社を選定することは最重要ですが、

サービスレベルの確認も怠らない様にしましょう。

 

また出荷数が徐々に増えてくると価格交渉は必須です。

出来れば、発送地域別のデータを出して(関東が多いと思いますが)

配送料金に地域ごとの差をつけて貰うとお互いが効率的になります。

 

 

IMG_5045

梱包資材に関しても必ず数社から見積りを取りましょう。

大きさによって物流会社の得意不得意もありますし、

ネットでの取扱商品によっては高品質なものが求められます。

物流会社さんが無料で提供してくれる紙袋を弊社では使用していますが、

その事でクレームになる様なことは今までありませんので、積極的な利用をオススメします。

梱包テープなどの消耗品も積重ねると相当使いますので要見積り品の1つです。

梱包資材へ店舗名やURLなどを印刷する際も始めの印判代金が意外と掛かりますので

最初は無地でも問題無いと思いますが

ロゴを入れる場合は後々の複数店舗展開などを考えるとURLは入れないほうが良いです。

 

 

梱包資材のサイズ展開も、よりきちんと収まる様に何種類も作成したくなりますが、

管理が面倒なのと多少のスキマは緩衝材で補えますので

あまり種類を増やし過ぎないほうが管理や節約に繋がります。

 

緩衝材に関しては、梱包資材の会社で同時に注文するか

値段は張りますが、卓上型の緩衝材製造機などもあります。

bottom-bnr
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る