ネットショップのコンテンツをユーザーが読みやすい文章にしていく

 

こんにちわ ECコンサルの槇田です。

カープは優勝すると確信して

応援している今日この頃ですが

4番バッターが抜けるって影響が大きい

だからこその4番か

カープ4番の鈴木誠也選手は

高校生からドラフト指名でカープに入団

甲子園に出場経験は無いらしいのですが

その選手を2巡目で指名した

カープのスカウト陣も凄い

ブログを書きながら、カープファン以外の人が

ブログ離れするのを感じるけど

ドラフトに関して興味深いデータを発見

2016年にドラフト指名された高校生は

育成契約を含むと45名

高校野球連盟のサイトで確認可能な

高校3年生の選手数は55,204名

となるとドラフト指名される確率は

0.08% 

およそ1200人に1人の割合

恐ろしく狭き門

この数字を大学の偏差値に置き換え

た場合だと偏差値81.5レベルだそう

ちなみに

慶應義塾大学経済学部が81で

東大の(理科3類)が79

入団したら、周りの選手が全てライバル

狭き門をくぐり抜けてからがさらに大変

あらためて

考えてもプロスポーツ選手は凄い

プロスポーツ選手になる為には

もちろん才能と練習が必須

練習もむやみやたらに行なうよりは

自分のクセを知り、効率的な練習がのぞましい

webサイトを運営し、自社コンテンツを

充実させていく為に必要なのが文章力

良いコンテンツとは

読みやすくてわかりやすい

当然、わかりやすい文章にはコツがある

web担当者フォーラムさんが提唱する

わかりやすい文章の10大原則は

  1. 一文を短く
  2. 結論を最初に
  3. 主語と述語を近づける
  4. あいまい表現をしない
  5. 受け身表現をしない
  6. 句読点をわかりやすい位置に
  7. 接続詞を少なく
  8. ひらがなを多く
  9. カタカナを効果的に
  10. クドい文末にしない

これら10個の中から

メールやブログ、SNSに投稿する時に

自分がやってしまうがちな

クセを見つけて意識する。

最も大切なのは書いた文面を読み直すこと

The following two tabs change content below.
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る