お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

在庫リスク無しでオリジナルTシャツなどが売れるサイト

   2020/11/12

会社や所属しているチームや団体などで

オリジナルのTシャツや

バックやスマホ用のケースなど

作りたいってなった時に

ネックになるのが、売れ残りなどの在庫リスクや

発注や集金などの手間

誰がやるの?ってなる

そんな手間が一切掛らず

オリジナルTシャツが

無在庫で販売出来るサービスが

SUZURI(スズリ)

スクリーンショット 2017-05-30 9.22.26

バッグなどのオリジナルグッズでもOK

やる事はこれだけ

1,会員登録 

2,デザイン(画像OK)の登録

3、販売したいグッズ選択(Tシャツやバック)

4、原価にトリブン(自分の利益)を乗せて販売

後は売れたら

製造ラインが勝手に動き出し、配送されます。そして、トリブンが口座に振り込まれます。なにもしなくていいし、送料も気にする必要はありません。

たったこれだけ

凄くないです??

デザインに自信がある人

どんどん作って売れるかもね(*´∀`)

凄いって思ったけど

よく考えたらECサイトも同じ仕組み

ECサイトには二つのパターンがあり

在庫を持つパターンと

在庫を持たないパターン

在庫を持たずに、注文が入ったらメーカーに発注して

ユーザーに発送されるのが受発注型のECサイト

品揃え型のECサイトの場合

在庫と受発注品が両方あって

商品数などの底上げをしている。

いわゆるロングテール

販売機会の少ない商品でもアイテム数を幅広く取り揃えること、または対象となる顧客の総数を増やすことで、総体としての売上げを大きくするものである。

アマゾンなどは完全にロングテール

中小のECサイトの場合

商品管理の面などから、賛否両論あるけど

取り扱える商品は

全て販売すればいいというのが持論

1年間で1個しか売れない商品があったとしても

受発注でリスクがないのなら掲載しておく

なぜなら

その商品が置いてあるサイトが

他に無いからそのサイトに辿り着いた。

ユーザーにとって価値の高いサイト

結果、会員登録などにつながる可能性も高い

ロングテールも一つの集客施策です(*´∀`)

The following two tabs change content below.
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る