お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

SEO対策には長文のブログのほうが有利か不利か

 

こんにちわ ECコンサルの槇田です。

少子化の影響なのか

世界的に双子の出産が増えてるらしい

諸説は色々とあるそうだが神秘的

 

双子だろうと

一人だろうと必ず与えられるのが名前

個性的な名前と言えば、「キラキラネーム」

無料赤ちゃん名づけとゆうサイトで、年間アクセスが多いランキングが

1位 唯愛

2位 碧空

3位 優杏

4位 海音

5位 奏夢

確信をもって読める名前がひとつも無い(*´∀`)

 

名前の読める読めないは別として、Web上で情報を検索した時に

辿り着いた情報が長い文章と短文の場合

ユーザーにどちらが喜ばれるのか? 

SEOに有利か?

 

これには賛否両論あって

短文の方が的確でわかりやすくSEO効果もある派

自分が求めてる情報なので、より詳しく書いてあるほうが長文が良い派

など色んな意見が

 

 Welq事件

(大量の長文コンテンツを作成して検索上位表示させたがパクりや嘘が多く閉鎖)

でGoogleが長文を優先していることが明確になった。

 

Welqのサイトには内容のパクリや嘘が多かったが

検索上位には表示されていたので

Googleが検索順位を判定するときに

内容までは審査が出来ないってこと(まぁそりゃそう)

 

内容よりも長文になっていることで

例えば ゴルフというキーワードなら

ゴルフ場 ゴルフクラブ ルール マナー 練習

ゴルフと関連したキーワードが自然に沢山盛り込まているかを

Googleは数値化して上位表示させてる。

 

長文の方が関連キーワードを含んだ自然なコンテンツになるので

SEO的に有利なのは間違いない

 

長文と呼ばれるラインはどこかと言えば

ブログで言うと2,000文字

さぁ作文の時間です。(*´∀`)

 

The following two tabs change content below.
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る