お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

JRの自販機ビジネスが超絶成長、その理由をECサイト視線で

   2016/12/05

こんにちわ ECコンサルの槇田です。

今日、明日はJRネタを

東洋経済オンラインさんに掲載されてたニュース

JR東日本、「自販機ビジネス」超絶成長のワケ

10年で売上高が約6割も増加!

 

自販機をふやしたんでしょ?って思ったアナタ

台数は5〜6%の微増

 

となると… 1台辺りに売上が飛躍的に伸びてる。

その方法とは(;´Д`)

JR東日本の自動販売機は

単一メーカーの自販機ではなく

アキュアというブランド名に統一されている。

コーラやサントリーの人気商品や自社のオリジナル商品

特保系などが一つの自販機で買えて

価格帯も色々あり、バリエーションが豊富

 

個人的な主観で失礼ながら(;´Д`)

 

自販機なのに選ぶ楽しみ

を意識した商品ラインナップ

売上増の結果が出てるので、

お客様は楽しんで選んでる。

 

そう思えば自分も

自販機で購入する時に、単一メーカーだと

ほぼラインナップが同じで

選ぶ楽しさとかない

 

その点、アキュアなら毎回楽しめそう

次は、自販機を置く場所

自販機は意外と商圏が狭いらしく、

近くにあるから買うという流れが一般的

 

自販機を固めて置くのではなく、バラバラに置くことで

顧客と自販機の

接点を意図的に増やしてる。

 

8,000台を超える自販機には、

全てSuicaの決済端末があり

そこからデータを吸い上げて

どんな商品が売れて、それは何時に売れるのか?

などの詳細なデータを活用して

 

「落ちないキャップ」など顧客の声を活かした

商品開発にも力を入れ

女性向けデザインの自販機など

面白い手を打ち続けてる(*´∀`)

 

Eコマースと自販機ビジネスって、良く似てる。

JR東日本さんの施策

 

1)選ぶ楽しみを意識した商品ラインナップは

ECサイトの品揃えの仕方

2)自販機をバラバラに設置して顧客接点を増やすは

バナーやメルマガで

商品への導線を増やす。

3)Suica端末からのデータ集めは

Googleアナリティクスから

データを集めてサイト改善

 

お客様に喜んで頂く商品はあるか?

その商品がお客様へ伝わってるか?

結果をきちんとチェックして修正しているか?

 

この繰り返しが大切

 

自販機を増やさずに売上をあげてるので

固定費はあまり増えてないはず。

 

どこで買ってもコーラはコーラだど

売り方の工夫をしないのか?

選んでもらえる様に

売り方を工夫するのか?

 

この差は大きい(*´∀`)

The following two tabs change content below.
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る