iPhoneのイヤフォン社外品-SONY MDR-EX750AP
top-bnr

iPhoneのイヤフォン社外品-SONY MDR-EX750AP

   2016/09/22

MDR-EX750AP

SONY MDR-EX750APを購入してみました!

オーディオマニアではないので、ほぼ勢いで買いました。

MDR-EX750AP MDR-EX750AP

私はアップル党なのですが、みんな白いイヤフォンを使っているので、色違いを装備すると、
『別途イヤフォンだけはこだわって買いました。』
的な感じになるので、少々うれしいですね。

この1万円は市場調査などをせずにその場で買ったので、高いのか?安いのか?品質はどうなのか?
は全く気にせず買いました。
店頭で1番お値段がするイヤフォンを購入いたしました。
お正月の勢いを大事に商品レビューを進めたいと思います。
※マニアックなレビューではなくて、浅目のレビューになりますことをご了承ください。

箱から違います。

ex06 ex02 ex03 ex04 ex05

箱の写真だけ見るとメタリックな感じが高級感を漂わせます。
箱の中を出してみても高級時計やアクセサリーを思わせる質感の内箱です。

実際にイヤフォンを見てみましょう

ex07 ex08 ex09 ex10 ex11 ex12 ex13 ex15 ex17 ex19 ex20 ex21 ex22 ex23

部分的な写真を見ると、高級感があるような気がするのですが、
実際に手に取ってみると、おもちゃのようなちゃっちい感じは受けます。
実際に手に取って見ると値段なりの価値を感じる事は無いと思われます。
少なくとも、私には2000-3000円位の見た目に見えました。
ファッション寄りの方がジャケ買いすると、
少々がっかりするで、あろうと思います。

音質はどうであろうか?

ex24

箱の裏の説明書きです。すごいのか、すごくないのかは私にはよくわかりませんが、恐らく、世界のSONYのとんでもない技術が
使われているのであろうと思われます。

私が、スピーカーや音質を判断する時に気にしている部分が低音の感覚です。
ウーファーっぽいというと違うかもしれませんが、低音が出ているな~と思わせてくれる音質です。
iPhone純正と比べると、ほんのりボリューム感があるように感じます。
私が特に音質はいいのだろうなと、感じた部分は、
音声を再生していない時(ソースが入力されていない)に耳につけていると骨の振動などが、イヤフォンの中で響いて聞こえて来るような
感覚があったことです。
映像や見える物は比べたりしやすいです。音は比べたりとかしづらいのですけど、違いが分かり、かつ、
優劣が分かる品質なら良品だろうなと思いました。

まとめ

ポータブル音楽プレイヤーのSONYが出している製品だけあって価格が高いか安いかは別にしておいて、
品質についてはまず問題なかろうと思います。
WEB上でも、色々なレビューが出ている製品で注目度も高い製品だろうと思います。
音響関係は気にし始めるとキリがない分野です。
社外品のイヤフォンは3000円程度~色々な製品がありますので、
ちょっとしたおしゃれ感覚ででも使われてみるのもよいかと思います。

まとめ2

iPhone

iPhoneの純正イヤフォンは音質もよいし、本体と連携してボリュームコントロールや通話のオンオフ、 カメラのシャッターなど高機能な製品となっています。
今回のテーマとも言えるイヤフォンとしての品質ですが、
社外品イヤフォンの価格帯で言うと、4000-5000円相当の品質はあると言われています。
そういった観点からみると、無理にイヤフォンは交換しなくてもいいかなと思うのですが、
iPhoneのシェア率は日本国内では60%以上と言われていますし、欧米でも30%程度はiPhoneがシェアを占めていると言われています。
弊社のアナリティクスの解析でも概ね60%を超えるアクセス数です。 アンドロイドみたいに各種各社が色々な製品を発売していて選べる状況ではないので、 アップルさまの方で、グレード別に販売してくださいとまでは言わないので、
色が選べるようにしてくれたら、うれしいなと思いました。

bottom-bnr
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る