お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

ブログを書いて、集客につなげる為に必要な文字数とは

   2017/10/31

こんにちわ ECコンサルの槇田です。

少し遅くなりましたが、衆議院選挙について

ネットを活用した選挙活動が

自分も何が出来るのか、良くわかってなかったので

できることを調べてみたら

  • ホームページ、ブログなどで、政策や実績の情報発信、投票依頼。
  • ライン、フェイスブック、ツイッターなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)での政策や実績の情報発信、投票依頼。
  • ツイッターなどでの、政党や候補者との意見交換、議論。
  • YouTube(ユーチューブ)など動画の共有サービスで街頭演説などの動画の配信。
  • 政見放送や街頭演説会の予定を、ブログやSNSで知らせる。

色なん事が出来るというか、

企業が行なうwebマーケティングと同じww

どれくらいの候補者が活用できているのか調べてみたい

 

ネットを活用した選挙活動の

影響ではないと思うが

 

ランサーズというweb関係のコンテンツやブログの

作成依頼が可能なクラウドサービスに

 

当選した議員さんに関する

バッシング記事が何百円で発注されていて

細かな内容まで指定されていたそうです。

 

発注者の目的はトレンドブログを作成し

一時的なアクセスを稼いで

アフィリエイトなどで収入を得ることが目的

こういうのが増えると

ネット選挙の質も下がるので止めて欲しい

 

例えば、

芸能人の不祥事などがニュースに流れると

数時間後に、そのことに関する

ブログなどが検索結果に表示される。

そういったブログがトレンドブログ

 

瞬間的なアクセスを稼ぐコンテンツなので

継続性は無い

企業として取り組むwebマーケティングは

継続的にお客様に来て頂かないと意味がない

 

そういったブログにする為にも

やはり大切なのが文字数

特にライバルが、文字数の少ないブログを書いているのであれば

そこにチャンスありです。

沢山の人の悩みに対する、沢山の答えがあることが

Googleの評価があがる指標

 

その文字数はどれぐらいか??

2,000〜5,000文字は書きたい

100記事書ければ、結構な集客サイトに

 

すでに無理だと思った方

前述のクラウドソーシングなど

活用する方法もありますよ

The following two tabs change content below.
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る