JK(女子高生)JC(女子中学生)とGoogle
top-bnr

JK(女子高生)JC(女子中学生)とGoogle

   2016/09/22

001

JK及びJCとGoogle

先日、グーグルジャパンのブログを閲覧していた時に面白い内容の記事を見つけたので、
拡散の意味も込めて記事にさせていただきます。

Google Japan Blog

↓は実際の記事です。

コンピューターサイエンスを身近に -- Mind the Gap プログラム

趣旨的には『これから進路を決定される女子中高生のみなさんが情報科学を学ぶことで将来どのような可能性が生まれるのか、情報科学とはどのようなものなのかを楽しく知る機会を提供するための取り組みです。』
とあります。
↓を参照して頂ければと思います。

MIND THE GAP

動画のサブタイトルにも『プログラミング教育で変えよう、女性の未来を。』
とあるのですが、あまり意識していませんでしたが、
確かにIT系の職場に女性は0ではありませんが、少ないと言われれば、
確かに少ないです。
私の用な無頓着な男性もいるから、IT業界の女性進出も遅れている元になるのかもしれません。
IT系のお仕事は力仕事ではないので、確かに女性が進出しやすい業界のひとつだと言えると思います。
力仕事などは女性では物理的に無理なケースもあります。
この記事を見て思ったことは女性がIT業界に進出してくれることによって、
エンジニアの総合的な人数が増えて、IT業界が総合的に発展するのかなと思いました。

少し違った観点から

少しひねくれた考えをするとGoogleの企業イメージのアップや、
将来の人財の確保などが目当てかなと思えます。
世界的に見ると地域によっては女性の方が貧困に陥りやすく、
職を得にくいという観点からもとても有益な取り組みだなと思いました。

まとめ

いつ、終わると期限は切られていないので、
興味のある、女子は学校の先生にぜひ、相談して貰って応募してみてはいかがでしょうか?
この記事を執筆している時点で、おっさんの私でも行きたいなと思う内容なので、今しかいけない、
女子及び、教職員の皆様はぜひご検討をして見て頂ければと思います。

動画です

bottom-bnr
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る