Google Webマスターガイドライン(英語版)を更新
top-bnr

Google Webマスターガイドライン(英語版)を更新

 

ガイドライン変更

検索用のガイドラインを更新

Googleはどのような基準で検索結果を評価するのかを説明した「検索品質評価ガイドライン(Search Quality Rating Guidelines)」の最新版を2年ぶりに公開しました。Googleの公式ブログ(英語版)でも紹介されています。リンク先を開くと当然英語なので全て理解するのは難しいかもしれません。それでも筆者のつたない英語力で読解してみました。

更新に至った経緯

Google公式ブログの記事の要約としては、下記のとおりとなります

Googleは、どのように検索ページを評価しているかをWebマスターにより理解してもらいやすくするために、2013年にガイドラインを発表しました。しかし、2年間でユーザがGoogleを利用する状況が大きく変化しています。スマートフォンが急速に普及し、以前の記事でもご紹介いたしましたが、ついにスマートフォンからのGoogle検索数がPCからの検索数を上回ったとの発表がありました。このような変化をうけて、以前に公開したPCを前提とした検索ガイドラインでは対応できなくなりつつあるため、一般向けに公開するに至ったとのニュアンスの文章が書かれています。

主に更新された内容

実際にPDFの資料が公開されています。ただしこちらも当然ですが全編英語です。

ガイドライン英語版

今回の主な更新内容は、前述のとおりスマートフォンでの検索数の増加を受けて「Part2 : Understanding Mobile User Needs 」(モバイルユーザが求めているものを理解する)となります。

冒頭で述べられているこれまでのスマートフォンでの検索の不便な点は以下の通りです。

  • スマートフォンではタイピングが面倒
  • タイピングの代わりとなる音声認識が完璧ではない
  • 一部のWebページはスマートフォンで閲覧することが困難
  • 読込の遅い環境(屋外)の場合、アプリを開いたり、Webページを閲覧するのに時間がかかる

これらの問題点があげられていますが、スマートフォンの小さな画面でこれらが簡単に出来ることが重要だと述べられています。

まとめ

Googleはこれまでにモバイルからの検索ルールを変更するなど、モバイル重視の変更を行ってきましたが、ガイドラインを発表するに至りました。公開している物が最終版ではないということですが、次回から順番にガイドライン(英語版)の内容を抜粋してご紹介していきます。

The following two tabs change content below.
リアルマックス スタッフ
リアルマックス スタッフ
bottom-bnr
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る