お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

これは嬉しい!Gmailに送信取消機能追加

   2015/08/04

imgres

 

2015年6月23日(米国時間),Gmailに新たな機能が追加されました。

「送信取消」機能です。

Googleでは、実験的に提供しているサービス「Labs」というものがあり、送信取消機能は「Labs」のほうで試験的に提供されてきましたが、今回正式なサービスとして昇格した形になります。

こちらの機能は、デフォルトでは有効とはなっておらず、手動で設定を行う必要があります。

今回は設定方法について説明いたします。

 

まず、Gmailを開き、画面右上の歯車ボタンをクリックします。

すると、メニューが現れるので、「設定ボタン」をクリックします。

画面が切り替わったところで、全般タブの上から7行目「送信取り消し」の欄があります。

 

 

デフォルトでは、「送信取り消し機能を有効にする」のチェックが外れているので、チェックをつけます。

そして、取り消せる時間が、5・10・20・30秒の何れかを選択できるようになっているので、任意で選択します。

送信取り消し機能を有効にする設定は以上ですが、意外と忘れがちなのが、設定の保存です。

画面一番下の「変更を保存」ボタンを押すのを忘れないようにしましょう。

これで、設定変更は完了です。

早速、テストでメールを送信してみましょう。

通常通り、メッセージを作成して送信を行うと、検索バーの下に表示される「メッセージを送信しました」の横に「取消」という文字が表示されます。この「取消」を押すと送信を取り消すことが出来ます。なお、この「取消」は先ほどの設定画面での「取り消せる時間」だけ表示され、時間を超えると消えてしまいます。

この機能を有効にしておくと、メッセージを編集途中で誤って送信をしてしまったり、宛先を間違えてしまったり、添付ファイルを付け忘れてしまったりといったミスをしても、取消をする事ができます。

ただし、あくまでもこの機能はミスを防ぐための手段の一つですので、日ごろからメールを送る際にはよく確認するようにしましょう。

The following two tabs change content below.
リアルマックス スタッフ
リアルマックス スタッフ
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る