お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

2017年1月10日以降にGoogle検索に影響があるかもしれないスマホコンテンツ

 

スマートフォン検索順位

 

コンテンツをすぐに観覧できないサイト

Googleウェブマスター向け公式ブログに、『モバイルユーザーが簡単にコンテンツにアクセスできるようにするために』という記事がアップされました。

今回は日付も明記してあり、掲載を低くする可能性ありと記載されていますので、今一度運営するサイトのチェックが必要です。

煩わしいインタースティシャルが表示されるページは、すぐにコンテンツにアクセスできるページに比べユーザー エクスペリエンスが低くなります。画面が小さいモバイル端末であればなおさらです。Google では、モバイル検索時のユーザー体験をさらに高めるため、ユーザーがモバイル検索結果からページに遷移した際、すぐにコンテンツにアクセスできないようなページを、2017年1月10日より、これまでよりも低く掲載する可能性があります。

 

記事内ではスマホを例に説明がありますので、特にスマホで表示するページ構成を見直す必要が有るかと思われます。

 

ネットショップのスマホサイトで影響がありそうなページ

記事の内容を読んでネットショップが行っていそうな例としては、『スマホ画面全体に、イベントなどの告知を表示』するなどが考えられます。

Google検索エンジンのコンセプトとしては、Googleが掲げる10の事実を読めば理解することができます。

 

例えば、ユーザーが「ウォーキング用のスニーカー」を探してサイトに訪問したときに、まず関連性の無いイベントの告知や商品を表示されてしまうと、求めている情報と異なり、掲載が低くなる可能性があります。

販促の面から告知を行いたい場合は、記事内の例であるように、表示することが必要になります。

画面スペースから見て妥当な大きさで、簡単に閉じることのできるバナー。ここで言う妥当な大きさとは、たとえば Safari や Chrome に表示されるアプリ インストール バナー程度の大きさです。

 

まとめ

Googleの記事内にも書かれている通り、何百とある基準の一つにすぎないため、大きな影響は無いように思います。

ですが訪問するユーザーのことを考えれば、取り除く必要がある要素だと思います。

Search Consoleのモバイル ユーザビリティ レポートを確認しながら、2017年1月まで時間がありますので修正等行うべきかと思います。

The following two tabs change content below.
上岡 直樹
上岡 直樹
2000年、26才名古屋のシステム会社へ入社 そこから必至にプログラミング知識を身に着け 2007年リアルマックス入社後4年間で、複数モール受注管理 商品データ管理、物流管理など、全ての社内システムを構築。 現在は部署のリーダーとして、チーム力を発揮できるよう指導しながら 同じ悩みを持つ企業様向けの商品、サービスの開発を行っている。
  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • ブログランキング ドット ネット
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)