お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

ネットで商品を売り始めるのは、どこの市場が最適なのか

 

こんにちわ ECコンサルの槇田です。

日常会話でも良く使われる様になった

ネットスラングと言えば

(本来はネット利用者間だけで通じる言語)

「ググる」

ネットが普及し始めた頃に自分のイメージでは

ほとんどの人がヤフーで検索してた。

更にもっとマニアックな人が使っていたのが

マイクロソフトが提供する検索エンジンの

「Bing」

ちなみに私は一回も使ったことはないです。

ただし米国では利用者が増えてるとか

Bingの公式Twitterによると

2017年8月18日現在で

米国におけるBingのシェア率が33%という

調査結果が発表された。

BingのTwitterでは

「Bingはみなさんが思っているより規模が大きいよ」

ともツイートしてあるそう。

自社発表なので、信憑性は問われるが

Google依存を嫌がる人が増えて来てるのかも

ちなみに、日本でのBing普及率は

3.7%だそうです‥ 頑張れBing

EC業界で、今伸び続けているのが

CtoC市場

ヤフオクやメルカリのような個人間売買

メルカリが急成長しているのは

みんなの知るとこだと思うけど

実際の流通総額はと言うと

月間でヤフオクが620億円に対して

メルカリが120億円とヤフオクが圧倒している。

ただしベビー用品などに関して言うと

メルカリの方が流通量も額も上回っている。

ネットで商品を売るときに、大切なのが

自社のお客様はどこにいるか?の把握

前述のデータからも

メルカリは主婦層が多い

楽天で売ったほうが良い商品もあれば

最初から公式サイトのほうが良い場合もある。

どこで売ればいいかアドバイスしますので

ご相談お待ちしてます(*´∀`)

The following two tabs change content below.
槇田 晴吾
槇田 晴吾
株式会社リアルマックス取締役本部長

2004年にインターネット通販のスタートメンバーとして入社、「アトミックゴルフ」を世界61カ国へ販売する通販サイトへ成長させる。

"顧客密着力"をスローガンにフリーダイヤルを駆使した独自の販売手法は専門家からも注目され、なかでも飛距離の伸びる「高反発ドライバー」など無名ブランドでありながら年間2000本以上を販売し、日本一の販売実績を誇る。楽天ショップオブザイヤー2015、ヤフーショッピング年間ベストストア2015、楽天リサーチ顧客満足度1位に選出されるなど、表彰歴多数。

現在は、豊富な経験と蓄積されたノウハウを活かし、ECサイトのコンサルティングを行なっている。

2014年グレートカンパニーアワード2014「日本のいい会社31社」に選出され、2014年ニッポン新事業創出大賞受賞。

ニッポン新事業創出大賞 優秀賞

ニッポン新事業創出大賞 優秀賞

楽天市場 ショップ・オブ・ザ・イヤー

楽天市場 ショップオブ・ザイヤー

ヤフーショッピング 年間ベストストア

ヤフーショッピング 年間ベストストア

経済産業省 中国地域ニュービジネス大賞 特別賞

船井総合研究所 グレードカンパニーアワード2014

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • ブログランキング ドット ネット
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)