お問い合わせ

tel:0570-046-503

営業時間 10:00~17:00(定休日:土日祝日)

ネットショップ上でフォトジェニックな写真をどんどん増やすには

 

こんにちわ ECコンサルの槇田です。

「インスタ映え」「フォトジェニック疲れ」

などのキーワードを耳にしますが

先日、タレントのふかわりょうさんが

新聞掲載のコラムで書かれた。

「いいねなんて、いらない。」が話題に

「もはや日常さえも撮影ベースで動く人が増えました。『映える』かどうかが大きな基準となった今、日常を切り取る行為は、後々振り返るためというより、『いいね』を獲得するため」

コラムを通して、伝えたい内容は

人から沢山のいいねを貰うよりも

自分のいいねが一つあればいい

現在のSNS社会へのふかわさんの考察

このコラムがネット上で支持されて

12万件のいいねが付いてますw

スクリーンショット 2017-08-28 14.11.08

実際にインスタでは、利用者の増加や

「インスタ映え」などキレイな写真が多いなどと

投稿ハードルが上がり

気軽な投稿が出来なくなっている現状もある。

その代りに利用者が増えている機能が

インスタのストーリー機能

ストーリーとは、24時間以内で消える写真や動画を投稿できる機能。
投稿すると、Instagramの画面の上部に表示される。

日常をよりライトに投稿するのがストーリー

いちいちスマホを取り出すのも面倒なので

首からぶらさげて

ボタン1つでストーリーに投稿可能な

ウェアラブルカメラも発売開始された。

スクリーンショット 2017-08-28 14.51.32

フォトジェニックな人が増えているのなら

個人的には、ネットショップ運営者は

インスタグラマーに商品提供をして

フォトジェニックな投稿をお願いしたらいい

例えば、10名のインスタグラマーに

自社販売のアパレルを着て投稿してもらえれば

事例としてサイト上で活用出来る。

度が過ぎると

ステマ扱いされるかもしれないけど

サイト上にきちんと記載すれば問題ないはず

商品の使い方を知りたいユーザーと

いいねのネタを探すインスタグラマー

色々な活用方法がありそう(*´∀`)

The following two tabs change content below.
槇田 晴吾
槇田 晴吾
株式会社リアルマックス取締役本部長

2004年にインターネット通販のスタートメンバーとして入社、「アトミックゴルフ」を世界61カ国へ販売する通販サイトへ成長させる。

"顧客密着力"をスローガンにフリーダイヤルを駆使した独自の販売手法は専門家からも注目され、なかでも飛距離の伸びる「高反発ドライバー」など無名ブランドでありながら年間2000本以上を販売し、日本一の販売実績を誇る。楽天ショップオブザイヤー2015、ヤフーショッピング年間ベストストア2015、楽天リサーチ顧客満足度1位に選出されるなど、表彰歴多数。

現在は、豊富な経験と蓄積されたノウハウを活かし、ECサイトのコンサルティングを行なっている。

2014年グレートカンパニーアワード2014「日本のいい会社31社」に選出され、2014年ニッポン新事業創出大賞受賞。

ニッポン新事業創出大賞 優秀賞

ニッポン新事業創出大賞 優秀賞

楽天市場 ショップ・オブ・ザ・イヤー

楽天市場 ショップオブ・ザイヤー

ヤフーショッピング 年間ベストストア

ヤフーショッピング 年間ベストストア

経済産業省 中国地域ニュービジネス大賞 特別賞

船井総合研究所 グレードカンパニーアワード2014

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
  • FC2ブログランキングへ
  • ブログランキング ドット ネット
  • 人気ブログランキングへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)